LPGハイブリッド車とは

LPGハイブリッド車は、ガソリンと、LPガスの双方で走行可能なシステムです。
ハイブリッドとは正式に言うと、ひとつの自動車を複数の動力で動かすことをいいます。
例えば、ガソリンエンジンとモーターが装備されているのがハイブリッドです。
一方、Bi-Fuel(バイフューエル)とは、ひとつのエンジンに複数の燃料を交互に使用する事を言います。
しかし、ここではそれらを合わせて「ハイブリッド」と称します。
LPGハイブリッドは、エンジン始動時ガソリンを使用します。 数分間の暖気運転によってエンジンが温まったらLPガスに
自動切り替えになります。
ガスがなくなると、自動的にガソリンに切り替わります。CO2や有害ガスの排出を抑制し、燃費も良くするためにはLPガスが
無くなる前にオートガススタンドに行ってLPガスを充填する事がポイントです。


お財布にやさしい

主燃料であるLPガスはタクシーなどでも利用されている安価な燃料です。
平均価格は100円前後であり、ガソリンと比較した場合1リットルあたり50円〜70円の差額があります。
車輛本体価格は機器の値段分上がりますがランニングコストで回収が可能です。


環境にやさしい


LPG車の排気ガスは、他の燃料と比較して非常にクリーンです。
例えばディーゼル車に比べてNOxの排気量は5分の1、浮遊粒子状物質(SPM)は検出限度以下で事実上ゼロ、発ガン性が
指摘されるディーゼル排気微粒子(DEP)やアルデヒド、ベンゼンも含まず、炭化水素(HC)の排出量も微量です。この性能は
電気、メタノール自動車、天然ガス自動車、ハイブリッド車と比較しても全く遜色がありません。


LPガススタンド


オートガススタンドは、全国に1,700ヶ所以上有りますので、地元では事前に探しておけば不便はありません。
また、旅行や出張などの際には、そのルートの地域のガススタンド一覧をネットなどで調べてカーナビにインプットしておけば、
地元にいるのと何ら変わりなく不便がありません。
またバイフューエルの普及に伴いLPガスとガソリン両方を扱うエコステーションも増えています。




●LPGタンクを床下に収納  
  積載スペースを犠牲にせずガソリンハイブリット車と変わらないスペースを確保しています。
●先進的で高度な電子制御
  高度な電子制御により、安定したLPG走行を実現快適な走りをサポートします。
●信頼性の高い部品と構造
  走行試験を十分に行い、信頼性と耐久に優れた部品を採用しています。